KK's Room

    私の、仕事・趣味・興味・思考を記録しておく場所にしています。2010年2月27日から開設しました。初回だけ、「0:初めまして」シリーズをお読いただけるとありがたいです。

    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    カテゴリ
    キーワード
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    スポンサーサイト

    --.--.--

    category : スポンサー広告

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    他国・他産業からもっと謙虚に学ぼう

    2010.03.20

    category : 2.2 日本の技術競争力

    日本の企業は(あくまでも)一般的に、欧米企業の実績や事例をありがたがる傾向が強い。その裏には、技術自体を素直な目線で見て判断しているのではなく、xx会社は、自分たちより優れているはず、xx国の技術は未熟だという思い込みが背景にあるのではという気がしてならない。いわば、技術にレッテルを張ってしまっているのである。張った時点で技術の本質を把握することは無理である。

     

    いいレッテルを張ってしまうと必要以上に優れているとう思い込みで見てしまうし、悪いレッテルを張ってしまうと、興味がない、聞かない、ということでチャンスを失うことになる。悪いレッテル張りの例を以下の3つのパターンで示してみよう。



    1)他産業は違うといって参考にしない=>想像力・向上力の欠如


    よく言われるのが、航空・宇宙、自動車、電機・精密の3産業は、開発期間、単価、生産数の観点から明確に異なる産業である。例えば、航空・宇宙産業は、新しい技術が最初に適用される産業だ。数年後に、自動車や電機・精密産業に展開されていくという構図は、よく知られている。

    ところが、自動車や電機・精密産業の企業に訪問して、今後のIT動向として、航空・宇宙産業での最新テーマについて説明しても、他産業だから、開発サイクルが違うからなどの理由で、参考にならないと断言されるか、興味ないという顔をされる場合が、しばしばある。

    航空・宇宙産業を見ることで、自らの産業への波及効果を予測したり、汎用的な方法論や考え方を学べるというのに、そういう機会を自らお断りするというのは、技術者として、もったいない態度だと思ってしまうのだ。悲しくなってしまう。

    むしろ他産業のことを知る機会が少ないから、喜んで聴きたいという、積極性を示していただけるケースは意外とまれである。前者と後者では、技術吸収力に雲泥の差が付いているであろうことは、容易に想像できるのだ。



    2)落ち目の会社の技術をバカにする=>売上で技術レベルを計る愚


    具体的に言おう。以前は、米国の自動車会社ビッグ3の技術動向は注目の的であった。ところが、4-5年前から売り上げが急落し、ご存じのような状況になってきた。


    そのようなある日、FORDでの取り組み例がたいへん先進的であったのでそれを紹介しようとしたら、こんな時期にFORDやGMの名前は出さない方がいいよ、と言われた。内容を紹介する前に!中身が先進的でないと言われるのであればわかるが、売上が落ち目の会社だから興味がないという言われ方をしてしまったので、この技術者は、何に興味を持っているのか?と、心底驚いてしまった。

    紹介するには、私なりに少しは勉強したり調査したりしているから、その例は自動車産業ではほとんど行われていないことも知っているし、FORDの研究者も業界では著名な人なのだ。実際、ビッグ3のIT技術はやはり優れており、学べるところはたくさんある。そういうチャンスをやはり、逃しているのは誠に残念。

    技術者は、往々にして、「技術が優秀でも製品が売れるとは限らない」ということを頭でわかっていても、実際のところ、“自社については”「技術が優秀なのに売れないのはおかしい」と思っていることろがあるような気がする。その証拠に、“他社については”「製品が売れない会社の技術はいいはずがない」という無意識な思い込みにつながっているのではないだろうか。

    韓国企業のやり方を学ぼうとしないことも、このケースの派生である。国の文化や企業文化の違いだからと一蹴されてしまう場合もある。文化の違いは、経営判断のスピードやマーケットの違いなので、その点ももちろん学ぶべきであろうけれども、仮にそこが無理であっても、いい技術は自分で見聞して判断できるはずだ。 要素技術はけっこう買ってきたり、人材リクルーティングでカバーしているから、その点を指摘して、オリジナル技術力がないと指摘する人もいるが、全体を見てシステムとしての技術を理解し構築する力は、日本企業よりも明らかに優れているようだ。シニアマネージャ層の技術眼力が違うように見えてしかたがない。



    3)他社がやっていないと興味を示さない=>チャンスの放棄

    他社がやっていないことを、実績がない技術だと、ネガティブにしか判断されない場合も多い。リスクとチャンスは、表裏一体。ハイリスク・ハイリターンの原則はどこでも当てはまる。


    昨今、全く斬新な技術は出てきにくい。最新といっても一部で、過去の方法論を別分野に適用したり、アイデアはすでに存在して、実行を待っているだけというケースも多いのだ。そういうケースであっても、他社の実績がないと上司を説得できないという言葉を聞くにつけ、ああ、変化を拒んでいる会社なのだと実感してしまう。

    考えるまでもないのだが、他社がすでに成果を上げていたら、要は、先を越されたということではないのか? それで会社は生きていけるのか?真に不思議な光景なのである。

     

    さて、まずはどの反面教師から学びますか?

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                 今日の1枚
    2010/3/21
    影が面白い。写真を撮るようになって、影に目がいくようになった。冬場は日が低いから、いい影ができやすいのだ。
    冬の被写体はどこにでもある。
      -  Ricoh GX100 -
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    影-1-2010.3.16:GX100-11967 

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                 今日の1曲
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     

    3つのジムノペディ/サティピアノ作品集3つのジムノペディ/サティピアノ作品集
    (1993/04/24)
    ロジェ(パスカル)

    商品詳細を見る
    [ジムノぺディ#1]
    サティといえば、ジムノぺディ。しかも、No.1はとても有名な曲だから、誰でも一度は聞いていると思う。ゆったりとしたピアノのメロディ・ラインは、白昼夢を見るためのBGMのよう。このジャケットは、カンディンスキィにちがいない。

     

     

     

    tags : 技術向上力 GX100 

    comment(0)  trackback(0)

    札幌円山公園でシマリスに会いました

    2010.03.18

    category : 3.1 シマリス

    シマリスで、検索すると札幌の円山公園で野生のエゾシマリスに会えるという情報がたくさん出てくる。実は、札幌には学生の頃、足掛け7年住んでいた。

    円山にも何度か登ったが、その頃はシマリスへの興味は全くなかったから、最近調べてみて、そんな都会の近くにシマリスがいることがとても驚きだった。山奥に行かないと見れないと思い込んでいたので。

    去年NHKの番組で、シマリスとエゾリスが円山公園で共存しているという特集をやっていたから、一度は野性のシマリスを見てみたいと思っていたのだ。
    そして、去年の春、札幌出張の際に、仕事前の朝一番に円山に行き、シマリスの写真を撮る予定を立てたのだった。早朝、体操やランニングをしている人たちを横目に、シマリスがどこに現れるのかと、挙動不審者のようにキョロキョロしながら、公園を横切り、円山の方に向かう。

    そうしたら、公園から円山頂上までの登山道の3か所に、ヒマワリの種だらけの大きな楡の木があるので、すぐに場所がわかるのだった。もう少し、探しにくいのかと思っていたので、安心とがっかりが半分半分。餌箱もあるし、野性というより、餌付けされている、シマリスだった。もつろんかわいかったのだけれど、このあとの出会いの方がインパクトが大きかったのだ。

    山頂からの帰り道のんびり歩いていたら、全く予期していないところで、偶然2匹のシマリスがぴょんぴょん遊んでいるところを見てしまったことだった。目の前に、何やら跳ねているのを見たときは、心臓が止まるかとおもったほどうれしかった。

    シマリス-7-2010.3.18:D300-05433 シマリス-6-2010.3.18:D300-05272

    わおー、野性エゾシマリス!ゆっくりと界隈に近づいて、再び現れるのを待っていたら、ちゃんと出てきて、こっちを窺う。だいたい、半径20メートルぐらいのテリトリー内で動いている。神出鬼没だから、じっと様子をうかがって、音や動きを察知しないといけない。警戒がほどけてくると意外と近くに寄ってくる。

    デジタル一眼を持ってきてよかった。手ぶれ防止望遠レンズと連続シャッターでないととても、撮影は無理。もしやと思って、持ってきていたかぼちゃの種でおびき寄せて、いいカットを撮ることができた。右手にカメラ、左手にコンパクトデジカメで動画と、せわしない観察だったが、朝の1時間があっという間に過ぎてしまった。

    こんな都会でシマリスさんと会えるのはいいなあ。地元に住んでいたら、毎日会える。学生の頃は、西28丁目という公園のそばに住んでしたのに!

    とにかく、エゾシマリスと出会えた、なんとも幸せなひと時だった。今度札幌に行く時も、また必ず会いに行こう。今日の写真は、全部この時の撮影。特別大判振る舞いです。

    シマリス-11-2010.3.18:D300-05252 

    シマリス-9-2010.3.18:D300-05490     

    シマリス-8-2010.3.18:D300-05483 

    シマリス-10-2010.3.18:D300-05421 

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                 以上、今日の6枚
    2010/3/18
    札幌円山のエゾシマリスたち。 - Nikon D300 -
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    tags : シマリス 

    comment(2)  trackback(0)

    自動化する/しないの線引きが大切

    2010.03.16

    category : 2.1 シミュレーションと最適化

    自動化という言葉もまた、よく使われる一方で解釈の広い使いにくい言葉だ。ここまでは自動化するけどこれ以降はしない/できないという境界線を明確に共有してしまえばいいのだが、得てしてこの境界線が曖昧だったり、共有しないままで話をしてしまうから、問題が起こる。”最適化”という言葉と同様、安易に使うとやけどしかねない危険語。

    自動化には、まず良悪両方の意味があることが問題。人間を楽にしてくれる、といういい意味もあるが、意図せず、勝手にやってしまうという悪いニュアンスもあるわけだ。両方の意味がある理由は、境界線が曖昧なまま自動化を行ったことから来る経験が生んだものだろう。たとえば、ロボットが登場し始めたころの一番の危惧は、自動化が行き過ぎて暴走するのではないか、ということであったりした。

    ソフトウエア・ロボットの概念での自動化には、明確な線引きがある。”コンピュータの操作作業を自動化する”ということだ。作業だから、人間が行う必要は全くない。ここまでは、誰でも納得するだろう。

    次に、シミュレーションの実行作業を自動で行った結果として、最適解探索したのちの設計パラメータや出力も”自動的に”出力される。大量の生データとともに、条件を満たした満足解や、一番よさそうな最適解も出力される。

    しっかりと分析できるデータを短時間で得られるわけだ。本来、この結果を、分析・検討するのは、人間である設計者の仕事であるはずなのだが、それを行わず出てくる結果を、”何も検討せず自動的に”使ってしまう利用者が、まま出てくる危惧も指摘されてきた。

    問題なのは、その危惧を”自動化”のせいにし、さらに自動化を行うソフトウエアを使うと設計者の質が落ちるという、ネガティブ論に発展させてしまう人が、少なからずいることである。これは、明らかに問題把握の誤りである。

    自動化ということを正しく常識的に理解して、使い方と教育しだいだということがわかれば、むしろ、何十倍の効果を発揮するのである。間違った理解でせっかくの道具のよさを生かせないのは、つくづくもったいないと思う。

    さもわかったような口ぶりで、「自動化が悪い”」という人は、同時に、「設計者は考えるのが仕事だ」と、当たり前のことを言う。まさに、考える時間をたっぷり与えるために、”無駄な作業を自動化”してくれる道具だというのに、「その本質を理解しない、あなたの頭の方が悪いのでは?」とブログだから、少々きつい言葉で言わせてください。

    今の言葉、今まで当人たちの前では言えなかったから、あーすっきりした!

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                              今日の1枚 、じゃなくて、2枚

    2010/3/16
    昨年はじめてインドに、バンガロール。富豪と貧困、最新建築とゴミが雑然と同居していながら、不思議な魅力。もう一度行きたい。カメラを向けたら、集まってきた無邪気たっぷりの男の子たちと、素直にポーズを取ってくれたかわいいこの姉妹がとても印象に残っている。
    - Lumix LX3 -
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    人-1-2010.3.16:P_LX3_1040493 

    人-2-2010.3.16:P_LX3_1040579 

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                              今日の1曲
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴキャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ
    (2003/04/23)
    キャノンボール・アダレイ

    商品詳細を見る
    [Stars Fell On Alabama]
    実は、Cannonball Adderley & John Coltraneとなっていて、Coltraneを聞くにもいいのだけれど、やはり、このアルバムは、Cannonball。特に、日本語曲名「アラバマに星落ちて」のCannonball(アルトサックス)とWinton Kelly(ピアノ)のアドリブは、ジャズを聞いたことのない人でもたぶんすーっと入ってくるぐらい、メロディック。まるで楽譜があるんではないかと思うほど。こんなに心地よいアドリブはめったにない。ジャケットも、遊び心があってとても気に入っている。


    tags : 自動化 シミュレーション LX3 

    comment(0)  trackback(0)

    脳炎にかかっていたシママロ

    2010.03.14

    category : 3.1 シマリス

    「ネムネム」が亡くなってからは、何かにつけ思い出してしまうので、シマリスはもう飼えないという心境だった。しかし、翌年の3月後半になり、気になってついペットショップを覗いてみると、元気な子リスたちがケージのなかで、十数匹跳ねまわっていた。やはり、かわいいという気持ちが自然に湧く。

    しばらく観察していたら、一匹体がよたよたして頼りなさそうな子リスから目が離せなくなった。他の子は元気いっぱいだが、その子だけ脇で、しょぼしょぼと餌を食べていた。

    家に帰って、家族にそのことを話し、悲しんでいるよりも、シマリスを飼って元気をもらおうか、という気持ちにしだいになってくる。翌日行くと妻も、頼りなげな子リスから目を離せないという。自然とこの子を飼ってあげたいと気持ちになったのだった。

    「ネムネム」が元気なリスだったから、同じようなリスを避けて、「ネムネム」の替わりに飼うのではないという意識が働いたことは確かだ。その子が、今飼っている「シママロ」。通称、マロ子、もしくはマロちゃん。オスだけれど、マロ子という雰囲気なので。

    その後が、しかし、お騒がせの連続だった。無茶苦茶手が掛ったのだ。家に来て数日後、よたよたして、不安定な立ち方をしているのを観察していると、だんだん傾きがひどくなってきて、いつも右側に傾きそうになって踏ん張れないでいるようだった。

    どうも、単なる育ち不足とか個性ではなく、右足を怪我しているか、体をまっすぐに保てない病気のように見えてきた。傾きぐあいがひどくなってきた日、かなり不安になってきたので、リスを見てくれる動物病院を探しておこうということになった。幸運なことに、小動物を専門に見る獣医さんが、車で10分のところにあった。

    動物病院を見つけて数時間後に、シママロが、立てなくなり、右側を下にして、くるくると床を回り始めたではないか。これは、もはや緊急事態なので、即病院で診てもらったところ、子リスがかかりやすい、風邪からくる脳炎を発症していたということが分かった。

    注射&投薬をおこなったけれど、子リスは体力がないから、手遅れの可能性があるともはっきりといわれた。脳にどの程度影響が残るかしだいで、完治は無理で、高いところを跳び回れなかったり、着地失敗で怪我をするかもしれないとも言われた。なにはともあれ、1-2日様子を見ないといけないということで、その夜は、妻が夜を徹して看病した。

    翌日以降、傾きはあるものの、立てるところまで回復し、餌を食べれるまでになった。なんとか、脳炎脱出!一時は最悪を覚悟したので、本当にうれしかった。右に傾く癖は、残ったものの、かえって個性あるかわいいしぐさになっていた。数ヶ月後には、傾きも消え、バク天をするまでになったのだった。

    ペットショップにいたときから病気になっていたはずだから、家で飼わなかったら十中八九ペットショップで死んでいた子だった。だから、「ネムネム」が遣わして、マロ子がショップで死なないように家に来るようにしたのだと、家族で思うことにした。その分助けてあげられたことが本当にうれしかった。ところが、まだまだ、マロ子のお騒がせ出来事は続くのです。 - To be continued -

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                 今日の1枚
    2010/3/14
    シママロの一番好きなポートレート写真。梨を食べているところ。体が右に傾いているのがわかるだろうか。脳炎の後遺症なのだけれど、きしくも、ポーズを取ったようにかわいく映っている。(飼い主バカです。)

    - EOS 20D -
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    シマリス-5-2010.3.14:e20d_06476_edited

    tags : シマリス EOS20D 

    comment(6)  trackback(0)

    2番でいいという目標はあり得ない

    2010.03.12

    category : 2.2 日本の技術競争力

    古いテーマで恐縮。「次世代スーパーコンピュータ開発予算」の事業仕切りで、”2位じゃだめなんですか”と言われ、一時予算凍結になった件、各方面からの意見がすでにたくさんあるから、いまさら私ごときが、言うのもなんであるが、気になっていた論点を吐き出してみよう。

    このやり取りでは、攻める側も守る側も、本質的な論点を外しているように見えるのだ。

    1.”1位になることが目標”が間違い
    1位を目指すことは、技術的な目標でありえても、1位でなくなったとたんに、その価値が下がるわけではない。本質的には、最速のスーパーコンピュータなしでは、遂行不可能な計算科学という分野があることを、世の中に示すべきではなかったか。世の中に役に立つ最先端技術なのである。

    守る側のこの回答により、順位が最重要の目標であるかのような印象を与えてしまい、”2位じゃだめなんですか”との攻め言葉を生んでしまった。これによって論点がずれることになった。

    その後、1位になれる期間が数カ月しかないから意味がない、予算削れという、おかしな反論を多数招くことにもなってしまった。議論が益々違う方向に発散していったのは、最初のこの躓きが大きい。


    2.”2位じゃだめなんですか”の筋違い
    ディベート技術としては、相手の”1位になることが目標”の逆手を取った、ヒットに違いない。論理はよしだが、実際に考えると筋違いの反論だ。

    競争では、1番になりたいと思って努力して、その結果として2番になることはあるかもしれないが、最初から2番でいいと思って戦う人はいない。そういう戦い方を仮にしたとしたら、結果として2番にも3番さえもなれないだろう。

    無駄な予算をあぶり出したいという気持ちは分かるが、2位を目標にすれば、予算が下げられるというのは、技術競争のことを理解しない筋違いの議論だ。ディベートで勝つ為だけの無意味な反論だと私は思う。こういう勝ち負けのためだけの議論は嫌いだ。

    だから、攻めるも守るも、本質的な議論をせず、両方失点しているというのが私の見立て。

    もう一つの大事な効用を示そう。「最先端技術」はすそ野が広い。山が高ければ、すそ野が広いのと同じだ。最先端技術は、コア技術だけを研究開発すればいいのではなく、コア技術を支える、基礎技術、様々な周辺技術を必要とする。すそ野なしで、頂上はできない。

    アポロ・プロジェクトやスペースシャトルのプロジェクトなどで、新しい技術が開発され広範に民生適用されているのは、有名な話。コンピュータも、今のPCで使われている技術も元はといえば、10年以上前のスーパーコンピュータ技術をベースとしている。

    技術が進むには、常に先端に引っ張り上げようとするテンションを必要だ。目標として性能1位とか、発見1位を掲げるのは、健全なテンションになるのだ。議論の勝ち負けではなく、予算の必要性をもっと本質的に議論して欲しい。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                 今日の1枚
    2010/3/12
    小京都と呼ばれる昔風情の町が全国にはたくさんある。夕方薄暗くなってそろそろ帰ろうかとのんびり歩いていたら、
    あちこちの民家の玄関に明かりが付きだした。 - Ricoh GX100 -
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    建-1-2010.3.12:GX100-12429 

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                 お薦めの一曲
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    Greatest HitsGreatest Hits
    (1990/08/20)
    The Nitty Gritty Dirt Band

    商品詳細を見る
    「Mr. Bojangles」- Nitty Gritty Dart Band -
    中学の頃、John Denverの大ファンだった。彼のオリジナル曲でない中で、「Mr. Bojangles」という曲と歌詞がとても印象に残った。Jerry Jeff Walkerが作った有名な曲とわかり、たどり着いたのが、Nitty Gritty Dart Bandが歌った奴。これが一番いい。物悲しいけれど明るく生きる老人、Mr. Bojanglesのことを歌っている。詳しくは;
    解説 http://www.ozsons.com/mrbojangles2.htm
    歌詞 http://www.softark.net/articles/m-0106.html

    tags : 技術競争 スーパーコンピュータ GX100 

    comment(0)  trackback(0)

    PrevPage |  to Blog Top  | NextPage
    プロフィール

    シママロ

    Author:シママロ
    名前 K.K.
    生年 1959年早生まれ
    職業 製造業向けIT産業
    業務 技術マーケティング・営業支援
    専門 Simulation, 最適設計支援,「つなぐ技術」の啓蒙
    趣味 写真, カメラ, シマリス, 科学読物, 一部の絵画, JAZZ, iPhone
    興味 ITの持続的社会への貢献, 情報価値と抽出, 芸術美&自然美&機能美
    出身 青森県八戸市
    住所 神奈川県厚木市

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QR
    訪問回数

    Copyright ©KK's Room. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。