KK's Room

    私の、仕事・趣味・興味・思考を記録しておく場所にしています。2010年2月27日から開設しました。初回だけ、「0:初めまして」シリーズをお読いただけるとありがたいです。

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    カテゴリ
    キーワード
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    スポンサーサイト

    --.--.--

    category : スポンサー広告

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コメント

    コメントを投稿


    管理者にだけ表示を許可する
     

    トラックバック

    TB*URL

    私の仕事

    2010.03.03

    category : 2.1 シミュレーションと最適化

    改まってこういうタイトルで書こうとするとなかなか難しい。とはいえブログの中で書く話題は、私の仕事に関連していることが多いので、最初のテーマとして書いておかなくては。
     
    産業構造の中の位置づけでいうと、「IT産業→ソフトウエア販売業→製造業向け→設計開発・生産用途ソフトウエア販売」。主なお客様は、自動車・航空・宇宙・電機・精密・機械・化学・材料といった製造業のCAD/CAE/PDM製品を利用している部門、それと大学や研究機関。ちなみに3文字熟語は、CAD : Computer-Aided Design, CAE : Computer-Aided Engineering(いわゆるシミュレーションと同じ意味), PDM : Product Data Management。さらに、私が専門としている技術は、CAO : Computer-Aided Optimizationとか、PIDO : Process Integration & Design Optimizationとか、SLM : Simulation Lifecycle Managementなどと、呼ばれている分野になる。IT業界は略語が多すぎるのが、困りものだ。
    製造業界向けIT産業の世界では、製品設計において”ものを作らず、実験を行わず、試行錯誤せず”というのが共通の標語になっている。何を言っているのか思われるだろう。実は“(CADで)ものを作り、(シミュレーションで)実験を行い、(パラメータ設計で)多数の評価を行う“というように、ITを駆使することでバーチャルな世界で設計開発を行うということなのだ。実物ですべて設計することに比べ、格段に期間が短縮され、コストが減り、品質も高まるではないか、という世界である。
    バーチャル化が進んだとしても、まだ課題が残る。コンピュータで設計やシミュレーションをしている人たち(設計者、解析者、研究者)は、日夜繰返し計算をして、もっとよい設計をしたいというニーズを持っている。試行錯誤を減らして、効率よく結果が欲しいのだが、その作業手順は専門的でかつ複雑なので、時間と手間がかかることが多い。例えば、シミュレーション用のモデル作成、データ変更、計算機間のデータ転送、計算実行、結果評価、データベースへの保存というような一連の作業手順を想像してみてほしい。このような作業を人間の手を経ずに自動化して、効率よく仕事を行えるようにする技術は、この10年来日本でも幅広く活用され、大きな効果を上げてきた。根幹になっているSoftware Robotという概念を次のトピックとして紹介しよう。

    私は、「つなぐ技術」と称されるこの分野にそれなりの貢献してきたと自負している。普段は3文字熟語やいろいろな専門用語でいっぱいの世界だけれども、やっていることは実は常識で理解できることがほとんどである。技術の中身を知らなくても、何をやっていて、何が問題で、どんな効果が出るかは、普通の言葉で十分に説明できる。まだまだこの分野と技術は十分に認知されているとは言えず、もっと活用されている世界があるはずである。これまでお客様に説明したり、仲間と議論したり、学会で話をしたり、自分の頭の中で考えていただけだったりしてきたいろいろ話題を、このブログに記していこう。

     

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~                
                                 今日の1枚
    冬晴れの早朝、湖面に波はない。凍てついた桟橋が早朝の静けさを引き立たせる。 

    @箱根芦ノ湖畔 - Nikon D100
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     

    凍-2-2010.3.3:d100-12945_edited 

    スポンサーサイト

    tags : シミュレーション D100 つなぐ技術 

    コメント

    コメントを投稿


    管理者にだけ表示を許可する
     

    トラックバック

    TB*URL

    PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
    プロフィール

    シママロ

    Author:シママロ
    名前 K.K.
    生年 1959年早生まれ
    職業 製造業向けIT産業
    業務 技術マーケティング・営業支援
    専門 Simulation, 最適設計支援,「つなぐ技術」の啓蒙
    趣味 写真, カメラ, シマリス, 科学読物, 一部の絵画, JAZZ, iPhone
    興味 ITの持続的社会への貢献, 情報価値と抽出, 芸術美&自然美&機能美
    出身 青森県八戸市
    住所 神奈川県厚木市

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QR
    訪問回数

    Copyright ©KK's Room. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。