KK's Room

    私の、仕事・趣味・興味・思考を記録しておく場所にしています。2010年2月27日から開設しました。初回だけ、「0:初めまして」シリーズをお読いただけるとありがたいです。

    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    カテゴリ
    キーワード
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    スポンサーサイト

    --.--.--

    category : スポンサー広告

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Software Robotでコンピュータ作業を自動化

    2010.03.09

    category : 2.1 シミュレーションと最適化

    3/3の記事で、Software Robotという概念に基づいて、GEにて革新的なツールが開発された逸話を紹介した。この技術で何が新たに実現されて、何が変わったのだろうか。

     

    実現されたことは、設計者の業務時間の大半を占めていたコンピュータ上での対話型作業の大半が自動化ということだ。たったそれだけのことで、実は、下記に示すように設計業務が根本的に変わることが分かる。

     

    1)作業時間の激減(1/5-1/20)と人為ミスゼロ
    2)思考と判断という業務へ集中できる
    3)人の経験や技術に依存しない
    4) より多くの設計方案を効率よく検討できる

     

    まず、1)は定量的な成果として、上司や経営層にもわかりやすい。時間激減効果は、このツールを使えばだれでもすぐに実証できる。人為ミスゼロの波及効果は広い。なぜなら、人間が行う作業には人為ミスが潜在的につきものであるから、ミスがないかをチェックする人や作業が発生する。自動化すれば、それらの作業は一切不要になる。

     

    最も重要なのは、2)だ。マニュアル作業で行っているときは、作業の方に忙殺され、別の案を考えるのは、作業の合間に行うといった方がいいだろう。ところが手順を自動化してしまえば、本来設計者が行うべき業務である思考と判断に集中した時間が確保できる。1)のように定量的には見えないが、確実に業務レベルが向上するもっとも重要な効果だ。

     

    3)は、作業手順を標準化できると言い換えた方が分かりやすいだろう。熟練者しかできなかった複雑な手順も標準化されてしまえば、経験の浅い人でも作業が可能になる。熟練者は、煩わしい作業から解放され、さらに高度な業務に従事できる。組織能力が向上するということである。

     

    4)の意味するところは、コンピュータ上でパラメータを変えて繰返しシミュレーションを行うことができるので、手作業で例えば2日で10ケースしか検討できなかたものが、同じ2日で数百~数千ケースの組み合わせのパラメータスタディを極めて効率的に行うことができる、ということである。これだけ増えるならば、量が変じて質の転換となる。このポイントは、別の大きなテーマになる。

     

    繰り返すが、作業を標準化し、手順を自動してコンピュータで行わせるというだけで、これだけの効果が出るのだ。このことは、もっと世の中に知られていいことだ。単純な原理こそが、世の中を大きく変える。Dr. Siu Tongは、Software Robotの概念を想起した時、産業革命を思い出しながらこれらのことを一瞬で見抜いたのであろう。GEは、1980年代にすでにその恩恵をたっぷり受けていた。

     

    しかし、日本はソフトウエアの産業革命ともいえる、この技術の恩恵を十分に受けているとはいえない。産業革命前のままである。往々にして、手順を自動化する効果というと、1)の定量的な直接効果だけに着目しがちだが、それだけでは本質を見ていないことになる。2)から4)までの効果も十分に理解してきっちりと抑える必要がある。

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                 今日の1枚
    2010/3/9
    横浜にしばし出かける。いい被写体が至る所にあるので。でも気に入った写真は、たいてい偶然の出会いの時に撮れてしまう。実は、偶然をおびき寄せるために出かけるのだ、ということに気付いた。  -  Lumix FZ20 -
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     

    街-1-2010.3.9:P1070109_edited 

    スポンサーサイト

    tags : シミュレーション 最適化 つなぐ技術 FZ20 

    comment(0)  trackback(0)

    きっかけ - なぜブログを書こうと思うに至ったか

    2010.03.01

    category : 0. 初めまして-自己紹介

    世の中から少し外れたところをよしとするひねくれ根性を持っているので、新しいことにはすぐに飛びつかず斜めから観察してしまう。嗜好が違うから単に買う気になれないということではあるけれども、ベストセラー本やミリオンセラーアルバムは買ったことがない。たまにものすごく興味があったとしても、(誰が見ているわけでもないのに)興味がないふりをしてしまうという、損な状況にもなる。ところが、今回はいくつもの壁がことごとく覆されてしまった。

    起) iPhoneで、自分の欲する情報がわかってきた
    iPhoneは、”アップル信者の象徴”という偏見を捨てて、自分に素直になりiPhone使いになった。iPhoneを始めてから、いろんなアプリを使って情報の収集、PCとの共有を格段に効率よく行えるようになった。おかげで、埋もれていた情報を使えるようになり、整理されて活用がし易くなり、益々情報を集めやすくなった。情報に埋もれるのではなく、活用できる目処がついた。

    承) Mind Mapで、自分の頭が整理されてきた
    Mind Mapのことは、誰かが使っているのを漠然と見たことがあるだけで、何が便利なのか全く理解していなかった。LinkedIn友達からの情報でMind Mapを知り、何か面白そうな仕掛けらしいということで、数あるMind Mapソフトのなかで、たまたまMindManager無償トレーニングを受けたところ、単純なしくみでありながらその奥深さを知り、自分の頭を整理するツールとして、仕事にもプライベートにも活用できることが分かった。ブログの全体構想も情報整理と記述もMindManagerで行っている。

    転) Twitterで、コミュニケーションの欲求が高くなった
    Twitterについては、”新し物好きやメディアの陽動に惑わされれてはいけない”いう斜に見た時期がしばらく続いていたところ、たまたま本屋の棚で見た週刊ダイヤモンドのTwitter特集記事に誘われるままに、塩漬けになっていたTwitterアカウントを再開させたのだった。

    結) Blogを作り、「自分情報の公開」を思い立つ
    これまで、何のために情報を集めてきたのか、何のためにTwitterでコミュニケーションを取りたいのか、Mind Managerで頭を整理しているうちに、実はいろんなテーマで人とつながりを築きたいのだという潜在的な思いに気づく。一つは、仕事関連で集め考えてきたテーマをまとめるいい機会になると考えたこと、この年になると自分史的なものを書きたいという欲求が出るそうだが、自分もどうやらその傾向を持っているようだ。さらに、Twitterこそ、過去の様々なつながりを持った人達と緩くコミュニケーションを再開できるかもしれない、便利なしくみとしてうまく使ってみるべきと、気づいた。未知の人たちとのコミュニケーションも楽しいではないか。


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~                
                                今日の1枚
    氷にも表情がある。朝一番の気温が一番低い時間帯、氷の模様が見る角度でその表情を微妙に変える。 
    「氷-1」 @秦野市震生湖 - Lumix FZ20 -
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    氷-1-2010.3.1:P1100620

    tags : iPhone Twitter MindManager FZ20 

    comment(0)  trackback(0)

    プロフィール

    シママロ

    Author:シママロ
    名前 K.K.
    生年 1959年早生まれ
    職業 製造業向けIT産業
    業務 技術マーケティング・営業支援
    専門 Simulation, 最適設計支援,「つなぐ技術」の啓蒙
    趣味 写真, カメラ, シマリス, 科学読物, 一部の絵画, JAZZ, iPhone
    興味 ITの持続的社会への貢献, 情報価値と抽出, 芸術美&自然美&機能美
    出身 青森県八戸市
    住所 神奈川県厚木市

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QR
    訪問回数

    Copyright ©KK's Room. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。